>国立公園定点ライブ映像 (クリッ ク)


自然体験イベント情報≪最新≫

2017-09-23
講演会 映画の中のきのこ
日本のきのこ映画「マタンゴ」を、また、様々な映画の中の「きのこ」を、二人の専門家が熱く語ります。
質問タイムも予定しています。
9月23日(土祝) 13:00~16:00
当日申込・先着 開催地・会場 講堂
小学生以上(小学生は保護者参加)・150名 講師 (所属) 飯沢耕太郎(きのこ文学研究家/写真評論家)扇 千恵(ギャラリーきのこ)
入場料:必要, 保険料:不要, 実費負担:不要
自然誌を中心に、歴史も加えた総合博物館です。
本館の隣接地には 様々な動植物を生きたまま観察できる野外博物館としての生態園を設置しています。
千葉県立中央博物館
千葉県千葉市中央区青葉町955-2
TEL:043-265-3111
http://www2.chiba-muse.
or.jp/?page_id=467
2017-09-24
日曜観察会 ジョロウグモの生活
研究者と一緒に園内を回ります。
9月24日(日)11:00~12:00
自然教育園/矢野 亮
受付: 申込は不要です。 
入園料310円 
65歳以上の方および18歳未満の方は無料。年齢が分かる証明書等を提示
附属自然教育園
TEL:03-3441-7176
http://www.ins.kahaku.go.jp
2017-09-24
「ガイドウォーク」
島の良さを再発見してみましょう!
解説員が植物公園内をご案内いたします。
季節の話題や島のお話しなど盛りだくさんです。 ビジターセンターにて 参加費無料
9月24日(日)(10:30~約60分)
9月の開催日・・( )内は担当解説員(変更の場合もあり)
2日(奥山)・3日(沖山)・9日(沖山)・
10日(高須)・16日(奥山)・17日(木下)
18日(木下)・23日(奥山)・24日(木下)
10月の開催日 ・・担当解説員は未定
1,7,8,9,14,15,21,22,28,29日
土、日、祝祭日開催(10:30~約60分)
八丈ビジターセンター(東京都)
どなたでも当日カウンターで申し込み可能 
自然誌を中心に、歴史も加えた総合博物館です。本館の隣接地には 様々な動植物を生きたまま観察できる野外博物館としての生態園を設置しています。
東京都八丈ビジターセンター
〒100-1401 東京都八丈島八丈町大賀郷2843
TEL:04996-2-4811
http://www.hachijo-vc.com
2017-09-27
植生管理ボランティア
植生管理ボランティア
牛久自然観察の森にある里山の植物を、園内で保全育成するボランティアです。
レンジャーと一緒に活動しながらゆっくりと植物保護活動をしていきませんか。
牛久自然観察の森/茨城県
9月27日(水) 午前9時~11時30分
募集は原則として随時行っています。まずは、牛久自然観察の森までお電話ください。
ご参加の際に必要な持ち物:長靴、軍手、タオル、帽子、マイカップ(長袖、長ズボン、動きやすい服装でご参加いただきます。)
天候などの条件により開催時間が変更もしくは中止になることもありますので、お問い合わせください。
029-874-6600(必ず確認!) 
2017-09-27
ホームメイドできる環境とお肌に優しいスキンケアアイテム エッセンシャルオイルのバスソルト
【日時】9月27日(水)18:00~20:00
【対象】港区在住・在勤・在学の高校生以上の方
【定員】20名(先着順
【持ち物】 エプロン・筆記用具
酷暑や、これからやって来る冬の厳しい寒さや乾燥など、お肌のスキンケア対策が必要となる方も多いのではないでしょうか?
この講座では、ご家庭で手作りできる、環境やお肌に優しい素材を使ったスキンケアアイテムについて、 作り方の留意点などを分かりやすく解説しながら、バスソルトを実際に作ってみたいと思います。
  講師紹介 田村健治
公立大学法人首都大学東京 東京都立産業技術高等専門学校 ものづくり工学科准教授。
エコプラザでもお馴染みのユーモアを交えながらのやさしく分かりやすい講座は、こどもから大人まで好評を博しています。
港区立エコプラザ(東京都)
東京都港区浜松町1丁目13番1号
TEL 03-5404-7764 FAX 03-5404-7765
開館時間 9:30-20:00
休館日 毎月第4月曜日、年末年始(12/29-1/3)臨時休業日あり
港区立エコプラザは、港区の歴史や文化を通じて、さまざまな団体の取り組みから「環境」を再発見し、 集い合い、学び合い、教え合う場所です。「低炭素社会」「自然共生型社会」「循環型社会」の3つの キーワードをテーマに、身近なエコ活動から地球規模のテーマまで、幅広く紹介したり、体験したり、 学習したことを発表したり…。
いつも何かが行われている楽しいエコ発信基地。こどもも、おとなも、企業や団体も。 みなと「かがやくまち」の未来をつくってみませんか?
http://minato-ecoplaza.net/
http://www.facebook.com
/minato.ecoplaza
2017-10-01
いきものみっけ
北東京 「いきものみっけ!」ミニ自然観察会
10月1日(日)13:00~15:00
自然豊かな東京都北区の赤羽自然観察公園
どなたでも 定員:12名程度(先着順)
場   所: 北区赤羽自然観察公園(東京都)
※2時間程度 雨天時は中止
現地集合 現地解散
この公園は谷状の地形を有し、湧水が存在しています。 この湧水の保全・活用をするため、従来タイプの公園づくりではなく、 「自然とのふれあい」をテーマにした公園内で「いきものみっけ!」
参加者には「いきものみっけ手帖」プレゼント!

いつまでも残しておきたい大切な自然 
あなたも自然の一員です

参 加 費:無料
持 ち 物:飲み物、あれば双眼鏡、など
服 装:蚊に食われない服装、帽子、手袋など
申   込: FAX・E-MAILのいずれかで
「住所」「氏名」「年齢」「緊急連絡先」をご連絡ください。
持 ち 物:飲み物、あれば双眼鏡、など
服 装:蚊に食われない服装、帽子、手袋など
申   込: FAX・E-MAILのいずれかで
「住所」「氏名」「年齢」「緊急連絡先」をご連絡ください。
●お申し込み・お問い合わせ          非営利 クラインガルテン運動支援機構 NPO法人オズ・ クラインガルテン     非営利グリーンネットワーク・ジャパン NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン   FAX:020-4665-1307
mailpost
2017-10-01
自然かんさつ会
「定例自然かんさつ会」
自然学習指導員が公園内の旬をご案内する1時間のガイドツアーです。雨天でも実施します
毎週土・日・祝日の14:00~15:00
埼玉県自然学習センター/埼玉県
10月1日(日)14:00~15:00
当日受付。定員なし
対象: どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
費用: 無料
埼玉県自然学習センター 048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-10-01
しぜん工作教室
しぜん工作教室「紙の鳥を飛ばそう(定員なし)」
生きものをかたどったり、自然の材料などを使って行う工作教室です。 日替わりで、テーマを設定し、定例自然かんさつ会の後に実施します。お気軽にご参加ください。
埼玉県自然学習センター/埼玉県
10月1日(日)15:00~16:00
当日来館にて受付。定員なし
対象: どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
費用: 無料
埼玉県自然学習センター 048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-10-07
自然に親しむイベントデー 「きのこの日」
キアシアミイグチ  色もいろいろ、形もいろいろ、くらしもいろいろ。
そして、きのこたちは自然の中でとっても重要なはたらきをしています。
そんな不思議いっぱいのきのこに注目してみよう!というわけで、展示やイベントが盛りだくさんの3日間です。
なお、食べたり採集したりするイベントはありませんので、あらかじめご了承ください。
埼玉県自然学習センター/埼玉県
10月7日(土)~9日(月・祝) 9:00~17:00
申込: 当日来館にて受付
どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
費用: 無料
雨天の場合:雨でも開催します
埼玉県自然学習センター 048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-10-08
日曜観察会 秋の草花
研究者と一緒に園内を回ります。
10月8日(日)11:00~12:00
自然教育園/下田 彰子
受付: 申込は不要です。 
入園料310円 
65歳以上の方および18歳未満の方は無料。年齢が分かる証明書等を提示
附属自然教育園
TEL:03-3441-7176
http://www.ins.kahaku.go.jp
2017-10-08
潮入りぐるっと観察会
普段は入れない潮入りの池外周の保護区をボランティアの案内で楽しく歩きます。
いつも見過ごしてきた小さな自然のおどろきを一緒に探してみませんか。
1時間ほど歩ける体力があればどなたでも参加できます。
持ち物:あれば双眼鏡 (無料貸出あり)歩きやすい靴、服装
対象:一般(小学5年生以上) 定員:40名 雨天決行
10月8日(日)当日受付 12:45~ 13:00~15:30
東京港野鳥公園(東京都)ネイチャーセンター
入園料 大人65歳以上 150円
大人(高校生以上)300円 
中学生(都内在住・在学証明は無料)150円
03-3799-5031(野鳥公園管理事務所)
http://www.wildbirdpark.jp
/event_info.html
2017-10-08
調べ方講座「ハチの調べ方」
10月8日(日曜日)午前10時 から 午後3時 まで
対象 中学生以上
ハチには攻撃性の強いスズメバチ・アシナガバチの仲間の他に、比較的おとなしい性格のミツバチの仲間など様々な種類がいます。ハチの種類や生活ついて学び ましょう。
天候などの都合により、イベント内容は予告なしに変更となる場合があります。
開催場所 桐生自然観察の森
費用無料 募集人数20名先着順
服装:長袖・長ズボン・帽子・首にかけられるタオル・野外を歩ける靴
持ち物 昼食・飲み物・筆記用具・天候に応じて雨具
問い合わせ桐生自然観察の森(0277ー65ー6901)

桐生自然観察の森は、桐生市周辺の里山環境を保護・育成する目的で開設されました。
桐生自然観察の森
〒376-0041 桐生市川内町二丁目902番地の1
電話0277-65-6901
http://www.city.kiryu.lg.jp/forest
/mori/1011792/1011837.html
2017-10-08
「みんなでバードウォッチング」
森の野鳥を観察し、親しみます
森の野鳥の観察会。双眼鏡・図鑑の貸し出しあります。
10月8日(日)9時~13時ごろ(少雨決行)
横浜自然観察の森(神奈川県)
参加費無料 定員なし どなたでも 申込不要
※小学生以下は保護者同伴
申込不要 当日観察センターへ
横浜自然観察の森友の会
045-894-7474
http://www.wbsj.org/sanctuary
/yokohama
2017-10-14
子ども自然教室
飛ぶ種の模型作り
10月14日(土)11:00~12:00
自然教育園/かはくボランティア 講義室での工作教室です。
対象 5歳以上の入園者
受付開始 実施日の1ヶ月前から電話で 30名
入園料310円 
65歳以上の方および18歳未満の方は無料。年齢が分かる証明書等を提示
附属自然教育園
TEL:03-3441-7176
http://www.ins.kahaku.go.jp
2017-10-14
noasobikyoushitu1707
野あそび教室
野あそび教室「ころころ つぶつぶ 木の実・くさの実」
幼児から小学生を対象とした体験型の観察会です。北本自然観察公園をフィールドとして、自然のふしぎやおもしろさに触れてみましょう。
幼児~小学3年生とその保護者。一緒にイベントを盛り上げてくれる小学4年生~中学生も大歓迎
10月14日(土)10:00~12:00
埼玉県自然学習センター 雨天開催
どなたでも(小学生以下は保護者同伴)詳しくは電話で
参加費無料 定員: 50人(先着順) 
お申し込みは、9/9から受け付けます。電話または来館にて受付(先着順。FAX、メールは不可)
雨天の場合:雨でも開催します
埼玉県自然学習センター
TEL:048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-10-14
いも掘り・焼きいもにチャレンジ!
センターの畑でいもを掘って、もみ殻で焼きいもをしましょう。
※申込は田植え参加者が優先されます
10月14日(土)9:30~13:30
千葉県いすみ環境と文化のさとセンター
小学生は保護者同伴
申込受付中 定員20名 雨天中止
参加費(400円)
持ち物:新聞紙、アルミホイル、飲物、弁当、長靴、軍手
環境庁(当時)は、豊かな自然を保全する、自然とのふれあいを通じて地域の自然と人間関係を見つめなおす 環境に優しい文化を創造することを目的とした「トンボ、ホタル等の小動物が生息する里山の緑、水辺環境等身近な自然が、一定の広がりを持って残されてい る」地域 「環境と文化のむら(さと)」という施設を、全国4ヶ所に設置しました。
千葉県夷隅郡のいすみ環境と文化のさとセンターはそのひとつです。
0470-86-5251
http://www.isumi-sato.com/
2017-10-15
unazawakeikoku 
東京都奥多摩の氷川周辺で
奥多摩「いきものみっけ」自然観察会!
自然あふれる、この季節!自然豊かな奥多摩のめぐみを味わいつくしましょう!

いつまでも残しておきたい大切な自然 
あなたも自然の一員です

日 時:10月15日(日)13:00~15:00
場   所: 奥多摩町氷川周辺 (東京都)
※歩行1.5時間程度 雨天時は中止
現地集合 現地解散 
どなたでも  定員: 12名程度(先着順)
参 加 費:無料   満員御礼
持 ち 物:飲み物、雨具あれば双眼鏡、など
服 装:長袖服装と歩ける靴、帽子、手袋など
申   込: FAX・E-MAILのいずれかで
「住所」「氏名」「年齢」「緊急連絡先」をご連絡ください。
●お申し込み・お問い合わせ
非営利グリーンネットワーク・ジャパン
非営利クラインガルテン運動支援機構
FAX:020-4665-1307
mailpost
2017-10-15
園長の里山ガイドツアー
参加無料(予約不要)
※植物を中心とした園内のネイチャーガイドツアーです。 牛久自然観察の森/茨城県
10月15日(日)午後13時~午後15時
大人向け 参加費:無料(予約不要)
集合場所:ネイチャーセンター前
天候などの条件により開催時間が変更もしくは中止になることもありますので、お問い合わせください。
※雨天時、強風時は中止となります。
中止の際は、開催1時間前に牛久自然観察の森の HP「観察の森 最新情報」内に記載いたします。
029-874-6600(必ず確認!)
http://www.city.ushiku.lg.jp
/page/page005244.html
2017-10-15
BirdwatchingUshiku 
「定例バードウォッチング」参加無料
10月15日(日)午前9時〜11時
牛久自然観察の森(茨城県)
野鳥のわかりやすいお話と観察
昔ながらの自然が残る里山をゆっくり歩きながら、バードウォッチングをしてみませんか?
初めての方、初心者の方、経験者の方、どなたでも大歓迎です♪双眼鏡をお持ちでない方も 無料で貸し出ししております。
参加費:無料(予約不要)、当日受付
集合場所:牛久自然観察の森 ネイチャーセンター前
※雨天時、強風時は中止となります。中止の際は、当日の朝8時までに 牛久自然観察の森のHP「観察の森 最新情報」内に記載いたします。
029-874-6600
http://www.city.ushiku.lg.jp
/page/page005244.html
2017-10-21
「畑と作物を作ろう(友)」
畑作業を通して自然と親しみます
10月21日(土)10時~12時(雨天中止)
横浜自然観察の森(神奈川県)
参加費 無料 どなたでも 定員なし 申込不要
※小学生以下は保護者同伴
当日時間までに自然観察センター前に
横浜自然観察の森友の会
045-894-7474
http://www.wbsj.org/sanctuary
/yokohama
2017-10-18
「森の絵本を楽しもう(友)」
簡単ミニ絵本作りと読み聞かせを行います
10月18日(水)10時半~12時
横浜自然観察の森(神奈川県)
参加費 無料 定員なし どなたでも
※小学生以下は保護者同伴
申込不要 当日観察センターへ
横浜自然観察の森友の会
045-894-7474
http://www.wbsj.org/sanctuary
/yokohama
2017-10-21
生きものいきいき隊
「生きものいきいき隊」
「里山」の自然が残る北本自然観察公園。
人間が管理をすることで生きものの多様性を保ってきました。 これからもその環境を残すために、皆さんの力をお貸しください。 毎月第3土曜日の9:30~12:00
埼玉県自然学習センター/埼玉県
10月21日(土)9:30~12:00
前の月の第3土曜日から電話または来館にて受付 定員先着20名
対象: 高校生以上
費用: 無料 雨天の場合:中止
埼玉県自然学習センター 048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-10-22
緑陰サイエンスカフェ
10月22日(日)14:00~15:00
植物研究部/樋口 正信
世界の中で国歌にコケが出てくるのは日本だけでしょう。
和歌を始め、庭園にもコケを使っています。
日本人は芸術の表現手段としてコケを用いる稀な国民なのです。
今回はコケと日本人のかかわりについて考えてみましょう。
対象 入園者(中学生以上)
受付開始 実施日の1ヶ月前から電話で 定員 20名
入園料310円 
65歳以上の方および18歳未満の方は無料。年齢が分かる証明書等を提示
附属自然教育園
TEL:03-3441-7176
http://www.ins.kahaku.go.jp
2017-10-22
房総を旅する人
江戸時代から明治大正にかけて房総を旅した文人・文豪の紀行詩文を紹介します。

10月22日(日) 13:30~15:00
当日申込・先着 開催地・会場 講堂
どなたでも(小学生以下は保護者参加)・150名 講師 (所属) 内田龍哉 入場料:不要, 保険料:不要, 実費負担:100円
自然誌を中心に、歴史も加えた総合博物館です。
本館の隣接地には 様々な動植物を生きたまま観察できる野外博物館としての生態園を設置しています。
千葉県立中央博物館
千葉県千葉市中央区青葉町955-2
TEL:043-265-3111
http://www2.chiba-muse.
or.jp/?page_id=470
2017-11-11
手作り実験教室「芸術の秋♪ 楽器作りと音のひみつ」
実験や体験をとおして、自然のめぐみやわたしたちの生活について考えます。
公園にある自然の素材を使ってものづくりをしたり、自然や環境問題をテーマに実験を通して学んだりするイベントです。
11月11日(土)10:00~12:00、14~16時の2回。
埼玉県自然学習センター 雨天開催
どなたでも(小学生以下は保護者同伴)詳しくは電話で
参加費ひとり100円 定員: 各30人(先着順) 
申込:お申し込みは、10/14の朝9時より受け付けます。朝9時から電話または直接受付(先着順。FAX、メールは不可)
雨天の場合:雨でも開催します
埼玉県自然学習センター
TEL:048-593-2891
http://www.saitama-shizen.info/
2017-12-17
「森を守るボランティア体験(友)」
~木の伐倒~
友の会のプロジェクト「雑木林ファンクラブ」の活動を体験します
12月17日(日)9時半〜14時
横浜自然観察の森(神奈川県)
申込:前日までにメール、FAXにてお申込
参加費 無料 小学生以上向き 定員なし
①イベント名と日時
②参加者全員の名前
③電話番号
④FAXの時はFAX番号
⑤どこでこのイベントを知ったか
※小学生以下は保護者同伴
当日時間までに自然観察センター前に
横浜自然観察の森友の会
045-894-7474
http://www.wbsj.org/sanctuary
/yokohama

奥多摩ビジターセンター

自然教室 ナイトグライダー!ムササビ観察会

ムササビ観察会
ムササビがどんな動物か知っていますか? 

夜行性? 空を飛べる?
そんなムササビの秘密を解説します!
外での痕跡探しや滑空の観察後には、
奥多摩ビジターセンター近くの氷川渓谷でナイトハイクも予定しています。
皆さまのご応募をお待ちしております!

■開催日:平成29年10月6日(金)
■開催日:平成29年10月7日(土)
※両日とも同じ内容のイベントとなります。ご参加可能な日程をお選びください。
■場所 : 奥多摩ビジターセンター、氷川渓谷
■集合 : 奥多摩ビジターセンター 16:00
■解散 : 奥多摩ビジターセンター 19:50
■持ち物 : 野外活動に適した服装と靴、防寒具、懐中電灯、筆記用具、レジャーシート、飲料、保険証等
■参加費 : 50円
■申込方法 : HP申込フォーム、または往復はがき
  ※詳しくはイベントページ(リンク)をご覧ください
■締切 : 平成29年9月29日(金)必着
■定員 : 20名(応募者多数の場合は抽選)
■対象 : 小学生4年生以上(小学生は保護者同伴)
■当日の流れ(予定)

16:00 受付
16:15 室内でムササビの生態解説
16:50 トイレ休憩
17:00 ビジターセンター出発
17:20 氷川渓谷でムササビ滑空観察
        滑空観察後氷川渓谷をナイトハイク
19:10 ビジターセンター到着
19:50 解散
※雨天中止。当日の状況により、観察場所を変更する場合がございます。予めご了承ください。

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩ビジターセンター 主催イベント )
締切日必着 9月1日
【HP】
フォームからのお申し込みの方は下記から申込してください。
https://www.okutama-vc.com

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩ビジターセンター 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/


 早 稲 田 漱 石 座


夕暮れ過ぎまで01

「夕暮れ過ぎまで ~漱石先生に出会った木曜日~
 夏目漱石生誕150年記念オリジナルミュージカル」

小学5年生の舞と梨紗が木曜日の公園で出会ったのは…
 こどもから大人までみんなが楽しめるハートウォーミングなストーリー!
 漱石に出逢えるふしぎでやさしい時間。

 レッスンを重ねた早稲田漱石座の小学生たちと実力派ミュージカル俳優との共演です。

早稲田漱石座はNPO法人グリーンネットワーク・ジャパンとNPO法人オズ・ クラインガルテンの共同代表理事で一級建築士の森田千史氏の主宰です。


【公演日時】 9/18(月・祝) ①13:30開場 14:00開演 ②17:30開場 18:00開演
【会場】角筈区民ホール
【料金】★前売 大人2500円 こども1500円 ★当日 大人3000円 こども2000円 ★全席自由
申込方法
①メールで申込 sosekiza@yahoo.co.jpまで
お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス・ご希望回 ・枚数(大人・こどもそれぞれの枚数)を上記のアドレスにお送りください。
チケット代のお振込先など返信されます。

②お電話で申込 090-2315-4587(森田)又は048-678-7260
主催 早稲田漱石座
後援 新宿区、NPO法人漱石山房
問い合わせ先 MAIL:sosekiza@yahoo.co.jp
TEL: 090-2315-4587(森田)

新宿区立漱石山房記念館
http://soseki-museum.jp/modules/event


夕暮れ過ぎまで02

 いすみ環境と文化のさとセンター

さとの夏遊び

「ミニプログラム・スペシャルウィーク           「さとの夏遊び」」

ガサガサ(水辺の生き物採り)、昆虫観察など、さとの夏遊びをしましょう!
詳細は7月下旬発表予定。お問い合わせください。
開催日:8月9日(水)~11日(金)・当日受付
場所 :センター地区
持ち物:飲物、帽子など。詳細は7月下旬発表予定。お問い合わせください。
環境庁(当時)は、豊かな自然を保全する、自然とのふれあいを通じて地域の自然と人間関係を見つめなおす 環境に優しい文化を創造することを目的とした「トンボ、ホタル等の小動物が生息する里山の緑、水辺環境等身近な自然が、一定の広がりを持って残されてい る」地域 「環境と文化のむら(さと)」という施設を、全国4ヶ所に設置しました。
千葉県夷隅郡のいすみ環境と文化のさとセンターはそのひとつです。
0470-86-5251
http://www.isumi-sato.com/


奥多摩ビジターセンター

公開講座「雲取山って知ってる?東京都最高峰の自然とそこから見えるモノ」

雲取山170826 今年は、西暦(2017年)と東京都最高峰である雲取山の標高(2017m)の数字が一致する記念すべき年です。

みなさんは首都・東京に亜高山帯の大自然があることをご存知でしょうか。
本講座では、40年以上奥多摩の山と自然を見つめてきた奥多摩登山ガイドの堀口行雄氏をお招きして、知られざる奥多摩地域の山の魅力をご紹介いたします。
開催日時:8月26日(土) 10:00~12:00
場所 : 日比谷公園 緑と水の市民カレッジ2階
講師 : 堀口行雄氏(奥多摩登山ガイド)
参加費 : 無料
締切り : 8月12日(土)必着
定員 : 50名(応募者多数の場合は抽選)
対象 : 小学生以上(小学生は保護者同伴)

奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
申込方法 (奥多摩ビジターセンター 主催イベント )
締切日必着 9月1日
【HP】
フォームからのお申し込みの方は下記から申込してください。
https://www.okutama-vc.com

【往復はがき】
①イベント名 
②氏名 ③氏名(かな) ④性別 ⑤年齢(②~⑤は参加者全員)
⑥郵便番号・住所 ⑦当日連絡先電話番号(⑥~⑦は代表者のみ)
 ①~⑦の項目をご記入の上、下記送り先まで郵送ください。
【送り先住所】
  〒198-0212東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1 奥多摩ビジターセンター 宛
※一枚につき三名まで
・申込多数の際は抽選となります。 ・日程やイベント名などは変更となる場合がございます。予めご了承ください
・お申込みに当たりご不明な点がございましたら下記まで直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/


 自然教室 奥多摩登山塾

「日没登山体験 ~夜の山を歩いてみよう~」

登山中に日の入りを迎えてしまったら…。
暗闇の中、安全に下山する方法を一緒に考えませんか?
開催日:平成29年7月8日(土)
場所 :青梅丘陵ハイキングコース(行程約6㎞ 標高差約150m)
※アップダウンを繰り返す場所があります。
状況により、コース、集合時間などを変更する場合がございます。
集合 : 軍畑駅   (JR青梅線)  17:10
解散 : 石神前駅  (JR青梅線) 20:20
持ち物 :ヘッドライト、行動食、飲料、野外活動に適した服装・靴、雨具、防寒具、 帽子、保険証等  ※ヘッドライトは必ずお持ちください。
参加費 : 50円
申込方法 : HP申込フォーム、または往復ハガキ ※詳しくはイベントページをご覧ください。
https://www.okutama-vc.com/イベント/
締切 : 平成29年6月26日(月)必着
定員 : 15名(応募者多数の場合は抽選)
対象 : 小学生3年生以上(小学生は保護者同伴)
当日の流れ(予定)
17:10 軍畑駅 集合 挨拶・準備運動
17:35 榎峠
19:00 日の入り時刻 暗闇体験
20:15 石神前駅着 まとめ・アンケート実施
20:20 石神前にて解散
※雨天中止。前日17:00発表の気象庁天気予報で、当日9:00~18:00の降水確率60%以上で中止させていただきます。
また、状況によりスケジュールを変更する場合がございます。予めご了承ください。
奥多摩ビジターセンター
奥多摩ビジターセンターでは、四季を通じて奥多摩の自然と親しんでいただくための自然教室(イベント)を開催しています。
皆様のご応募をお待ちしております。
詳細につきましては、直接お問い合わせください。

東京都奥多摩ビジターセンター
〒198-0212 
東京都西多摩郡奥多摩町氷川171-1
TEL:0428-83-2037 FAX:0428-83-3478
https://www.okutama-vc.com/
日没登山体験


里山竹林再生活用プロジェクト 間伐竹で竹細工ワークショップ【定員に達したためキャンセル待ちです】

             港区立エコプラザ(東京都)

shikainamihanakago

日本の放置竹林の現状と今後の可能性を学びながら、昔ながらのぬくもりある竹かご(四海波花籠)作りに 親子で挑戦していただきます。
竹かごを作る際に使用する竹ひごは、里山竹林再生活用プロジェクトとして、 放置竹林の間伐材を加工したもので、やさしくほのかに香ります。
竹かごを作りながら一緒にこれからの竹林について考えてみませんか。
【日時】6月4日(日) 13:30~16:00
【対象】 港区在住・在学の小学生(3年生以上)と保護者の方
【定員】 10組20名(先着順)
【共催】 NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
参加費:無料、電話予約受付
港区立エコプラザ(東京都)
東京都港区浜松町1丁目13番1号
TEL 03-5404-7764 FAX 03-5404-7765
開館時間 9:30-20:00
休館日 毎月第4月曜日、年末年始(12/29-1/3)臨時休業日あり
港区立エコプラザは、港区の歴史や文化を通じて、さまざまな団体の取り組みから「環境」を再発見し、 集い合い、学び合い、教え合う場所です。「低炭素社会」「自然共生型社会」「循環型社会」の3つの キーワードをテーマに、身近なエコ活動から地球規模のテーマまで、幅広く紹介したり、体験したり、 学習したことを発表したり…。
いつも何かが行われている楽しいエコ発信基地。こどもも、おとなも、企業や団体も。 みなと「かがやくまち」の未来をつくってみませんか?
http://minato-ecoplaza.net/
http://www.facebook.com
/minato.ecoplaza


 「竹林整備&焼きタケノコ」

  ふれあい農園(奥多摩 クラインガルテン)

里山竹林再生活用プロジェクト
NPO樹恩ネットワーク ヤングジュオン 地域密着チーム連携企画
ふれあい農園(奥多摩 クラインガルテン)で管理している竹林の整備をします。
5 月 7 日(日)10:00~15:00 まかない昼食付(無料)
作業できる恰好でお越しください。のこぎり・鉈をお持ちの方は持参ください。
恰好でお越しください。のこぎり・鉈をお持ちの方は持参ください。
悪天中止(ふれあい農園のブログで、中止お知らせします)
気候・獣の関係で、タケノコを収穫できない可能性もあります。ご了承ください。
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)0428-85-8685
非営利クラインガルテン運動支援機構
http://kgjp.org/newevent.html
tikurinteireokutama


山のふるさと村 冬まつり

恒例 山のふるさと村 冬まつり

  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月29日(日)、2月5日(日)9時30分〜15時30分


無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40


山のふるさと村各施設(入場無料)クラフトセンター 希望者の陶芸、木工、石細工体験は500円から
1月や2月は例年雪が降る山ふる。

山ふる特別あったかイベント
だんご汁の配布(1月29日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
ずりだしうどんの配布(2月5日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
焼き芋の配布(1月29日、2月5日11時~)(日程と時間は変更の場合があります。)
昔遊び体験コーナー(竹馬、ベーゴマ、積み木等)(内容は変更の場合があります。)

寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
今回は先がけでプログラムをご紹介!

「落ち葉プールで冬眠体験」
日時:冬まつり両日 (時間は検討中)
落ち葉のいっぱい詰まったドーム型テントが山ふるに登場!
落ち葉プールで冬眠体験ができるよ。

「山ふるを守れ!節分オニ退治」
日時:冬まつり両日(時間は検討中)
山ふるにこわ〜いオニがやって来た!このオニはただの豆じゃ退治できない。
山ふるのパワーが詰まった木の実や豆を使ってみんなで追い払おう!
無事追い払えたらビジターセンターからミニプレゼントもあるよ。
子どもはもちろん、大人の参加も待ってます!!

都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/
fuyumaturi20170
fuyumaturi2017012


竹 細 工 に も 応 用 で き る
クラフトバンドリング ワークショップ
新宿『まちの先生見本市!』
里山竹林再生活用活用プロジェクト

1 月 28 日(土) 12:10~12:50
新 宿 の 環 境 学 習 応 援 団
第16 回『まちの先生見本市!』
新宿区立落合第三小学校
◆ワークショップ教室 2F 第二図書室
里山竹林再生活用活用プロジェクト
日本の里山では人工林の放置だけでなく、放置竹 林が周辺の森林を浸食することが 問題になっており、伐採した竹を竹細工や竹家具、舗装材、マルチ等の竹チップ、肥料、 土壌改良等の竹パウダー、食用等の活用することで竹林整備、環境教育を進める。 竹は2年ほどで成竹となり、その驚異的な成長段階で二酸化炭素を多く吸収しカーボン・ オフセットにも多大な寄与ができます。
NPO法人オズ・ クラインガルテン
非営利クラインガルテン運動支援機構
050-3717-0360 http://ozkg.org  http://kgjp.org
machisen170128


ソーラーLED竹細工ランプスタンドと手付き六つ目高盛籠 奥多摩クラインガルテン 12/11

里山竹林再生活用プロジェクト
ソーラーLED竹細工ランプスタンドは光源は弱いけど電源なしで暗くなるとセンサーで6時間ほど点灯
もちろん100V電源LED電球でも使えます。
手付き六つ目高盛籠は上級者向け、これをマスターできれば背負い籠などいろいろんものに活用できます。
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)0428-85-8685
非営利グリーンネットワーク・ジャパン
非営利クラインガルテン運動支援機構
http://greennpo.org/newevent.html
konnyakuwasabiduke161112


こんにゃくと奥多摩ワサビ漬けづくり体験11/12 山のふるさと村

奥多摩の特産物「」わさび漬けづくり体験」をしてみませんか?
こんにゃくづくりも体験していただきます。
konnyakuwasabiduke161112

定員15名参加費1,500円
山のふるさと村管理事務所 0428-86-2556

奥多摩駅から無料送迎
奥多摩日原の山なみは最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
http://greennpo.org


スタードーム8/6 製作設置体験 奥多摩日原フィールド

stardomeokunippara160806

奥多摩町日原 製作設置体験

多摩川支流 日原川の面した傾斜地
奥多摩日原の山なみは最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)greennpo.org

()をはずしてください。 http://greennpo.org

自然体験活動6/11 立教大学校外ゼミ 奥多摩日原フィールド

rikkyou1606110

奥多摩町日原 わさび田手入れ、

日原フィールドのさらに山奥のわさび田
わさび田の湧き源水の味は最高
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)greennpo.org

()をはずしてください。 http://greennpo.org

rikkyou1606111rikkyou1606112
rikkyou1606113rikkyou1606114

里山竹林再生活用プロジェクト 奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)    

stardome160612


スタードーム製作実演
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)
スタードーム製作実演
6月12日(日)9時30分〜12時30分 
スタードームは北九州市立大の竹川大介氏を中心に九州フィールドワーク研究会が開発にあたりました。
愛知万博2005年や都市緑化フェア2012年などの実績を持っています。
標準の18mサークルのドームでは30人あまりの人が集うことができる約15畳のスペースが作れます。
野外宿泊用やイベント会場、作業場などに利用できます。
スタードームはテント生地などのかわりに柿渋を塗った和紙を張ると大きな和傘に返信します。
このような純粋に自然素材だけだから作られたスタードームは放置しても完全に朽ちていくために、環境と調和の取れた構造物としてさまざまな用途の活用が期 待できます。 また、住居以外にもドームの骨組みを利用してつる計植物の棚やグリーンカーテンならぬグリーンドーム、温室など手軽な菜園設備としても応用が可能です。 竹は、日本中に広く分布する天然素材であること、費用がかからず加工がたやすいこと、耐久性を持ち軽いことなどから、われわれはもっとも優れた素材として 注目をしてきました。 近年は気候の温暖化と竹製品の需要の低下による竹林放置により、竹林の荒廃や拡大が大きな社会問題となっています。 市民の伐竹ボランティアや竹林を利用したリクレーションなどによって、これらの問題を解決しようとするとりくみが各地で増えており、スタードームもこうし た里山の再利用の一助となるものと考えています。 (九州フィールドワーク研究会)
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン・東京都) 0428-86-2556
グリーンネットワーク クラインガルテン運動支援機構
http://greennpo.org/  http://kgjp.org/
自然体験イベント情報
http://greenjp.org/newevent.html

takezaiku160612


竹細工ワークショップ
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン)
竹細工ワークショップ
6月12日(日)12時30分〜16時
竹細工は日本古来の伝統文化です。
近年は気候の温暖化と外来竹の子の輸入、竹製品の需要の低下による竹林放置により、竹林の荒廃や拡大が大きな社会問題となっています。
市民の伐竹ボランティアや竹林を利用したリクレーションなどによって、放置竹林の問題を解決しようとするとりくみが各地で増えており、 竹細工ワークショップもこうした里山竹林の再利用の一助となるものと考えています。
奥多摩海沢ふれあい農園 (奥多摩クラインガルテン・東京都) 0428-86-2556
グリーンネットワーク クラインガルテン運動支援機構
http://greennpo.org/  http://kgjp.org/
自然体験イベント情報
http://greenjp.org/newevent.html


自然体験活動5/21 立教大学校外ゼミ 奥多摩日原フィールド

tokyonomidoriwomamorou

奥多摩町日原 わさび田手入れ、まき割体験

日原フィールドのさらに奥のわさび田
わさび田の湧き源水の味は最高
まき割もスカッと割れたら快感とか
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)gmail.com()をはずしてください。 http://greennpo.org

kanbatutyokugo.wasabida
wasabidamakiwari

奥多摩日原フィールド 植林苗畑山畑 間伐造成 NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン       一緒にがんばり、楽しむ仲間募集

tokyonomidoriwomamorou

奥多摩町日原 東日原バス停5分

昨年には作業小屋、間伐樹木炭窯完成
現在、間伐後植林苗畑、山畑造成中
まだまだやることがたくさんあります。
間伐材炭でバーベキューや間伐だけで流しそうめん等も
テントもはれます
NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
eventgnn(@)gmail.com ()をはずしてください。 http://greennpo.org

kanbatutyokugoseitigo
kouunkihatakeiriguti.


都立 山のふるさと村春祭り(東京都)    

harumatsuri


毎年恒例、山のふるさと村春祭りのご案内
  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月31日(日)、2月7日(日)9時30分〜15時30分

無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40
山のふるさと村各施設(入場無料) 希望者の陶芸、木工、石細工体験は500円から
1月や2月は例年雪が降る山ふる。
まだ寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
春祭り特別企画
イベントも盛りだくさん 木炭、木酢液の配布(16,17日) だんご汁の配布(16日11:30~) 春の餅つき(山のよもぎもち)(17日11:30~) 郷土芸能 ◆4月16日(土)・・・・・・・・・・・・・・・・  ・奥多摩の歌 11:00~/14:20~  ・郷土芸能「原地区の獅子舞」の上演 11:30~/13:40~  shishimai
◆4月17日(日)・・・・・・・・・・・・・・・・  ・郷土芸能「奥多摩清流太鼓」の上演 10:50~/13:00~  ・奥多摩郷土芸能「鹿島踊り」の上演 13:00~ kashimaodori
 ・奥多摩の踊りと歌 11:30~/13:40~
都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/


 「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」
里山竹林再生活用プロジェクト  助成決定  

tokyonomidoriwomamorou


奥多摩にて里山竹林再生活用プロジェクト
  NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」は東京都都市整備局とセブン-イレブン記念財団は、 都内で緑の保全活動等を行う市民団体を支援する「東京の緑を守ろうプロジェクト」に取り組んでいます。
この事業は、市民団体が、東京に残る樹林地等の維持保全活動や、緑の少ない市街地において緑を増やす活動、 都民が緑や自然に親しむきっかけをつくる活動等の緑を守り育てる活動を行う際に、その活動費用を助成するものです。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/
OSHIRASE/2016/02/20q2p600.htm
グリーンネットワーク・グループの各団体で活動してきた「里山竹林再生活用プロジェクト」を NPO法人グリーンネットワーク・ジャパンで継承しながら地元の奥多摩自然観察倶楽部や奥多摩何でも探偵団などと協力しながら 「みんなでつくろう自然にふれながら夢の輪を共有できるシンプルでスローな心豊かな暮らし」をスローガンに活動していきたいと思います。 今回のフィールドである奥多摩町日原の地主さんも町役場、消防署等の対応協力をしていただいています。

2016年度は2015年度で一部整地し作った作業小屋周辺の整地、通行路の整備と樹木間伐、植林用苗木の育成用畑の整備と植え付けを目標とします。
2017年度以降はフィールド周辺の間伐整備とここを拠点とした放置山林、竹林の間伐事業と2015年度に作った樹木用の炭窯で間伐した樹木の炭焼プログ ラムも予定しています。
tokyonomidoriwomamorou

冬の自然観察オリエンテーリング一緒にがんばり楽しむ仲間募集
奥多摩町日原 東日原バス停5分
現在チェーンソー等道具類準備中
近日中スケジュール確定
間伐材炭焼やバーベキュー等もイベントに

NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン
infognn(@)greennpo.org ()をはずしてください。 http://greennpo.org/


都立 山のふるさと村冬まつり(東京都)    

冬の自然観察オリエンテーリングfuyumatsuri


毎年恒例、山のふるさと村冬まつりのご案内
  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月31日(日)、2月7日(日)9時30分〜15時30分

無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10:00 11:20
山のふるさと村発14:20 15:40
山のふるさと村各施設(入場無料) 希望者の陶芸、木工、石細工体験は500円から
1月や2月は例年雪が降る山ふる。
寒さで足が遠のきがちですが、身も心もあったかくなる企画をご用意しています。
今回は先がけでプログラムをご紹介!
冬まつり特別企画その①
「冬ゴッシャードーム」
日時:冬まつり両日 (時間は検討中)
落ち葉のいっぱい詰まったドーム型テントが山ふるに登場!
ふかふかの落ち葉にまみれたり、冬ゴッシャー(冬越しの生きもの)を探し出すゲームができるよ。
君の挑戦を冬ゴッシャーが待ってるぞ!
冬まつり特別企画その②
「山ふるを守れ!節分オニ退治」
日時:冬まつり両日 12:30〜13:00
山ふるにこわ〜いオニがやって来た!このオニはただの豆じゃ退治できない。
山ふるのパワーが詰まった木の実や豆を使ってみんなで追い払おう!
無事追い払えたらビジターセンターからミニプレゼントもあるよ。
子どもはもちろん、大人の参加も待ってます!!
冬まつり特別企画その③
「申年だョ!全員集合」
日時:1月31日〜2月7日
年間100日ニホンザルと出会っているインタープリターだから撮れた秘蔵写真を初公開!
他にも研究者や写真家が撮影したサルのあんな表情、こんな表情も見れちゃいます。
期間中はサルにまつわるお話をインタープリターが実施します。聞くでござるよ!!
都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/


陶芸体験と蕎麦打ち のめこい温泉も       (都立山のふるさと村)    

tougeisobauchi


 陶芸体験と蕎麦打ち のめこい温泉も!
  都立山のふるさと村(奥多摩)
1月22日(金)10:00~16:00

JR奥多摩駅10:00集合
JR奥多摩駅16:00解散
バス送迎 参加費1,000円 温泉実費
昼食は各自打った蕎麦
陶芸は焼き上がりを着払い郵送もできます。
都立山のふるさと村(東京都)
0428-86-2556
http://www.yamafuru.com/


無料 ミニ門松と竹紙 飛び出すクリスマスカード 

minikadomatutopopupcard


 里山竹林再生活用プロジェクト
  無料  間伐した竹でミニ門松 と
竹100%の竹紙で飛び出すクリスマスカードをつくろう!
グリーンネットワーク・東京中央
12月12日(日)13:30~16:00

18歳以上のどなたでも
締切 12月2日 20名抽選 

中央区立環境情報センター(東京都)
03-6225-2433 担当 松田
https://eic-chuo.jp/event/3061


収穫祭! おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)    

syuukakusai


 収 穫 祭 !
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩 クラインガルテン)
11月22日(日)10:50~14:30

農園みその田舎汁(100円)
新作わさびおむすび(100円)
窯焼きピザ(1/8カット100円)
のみもの(ビール・ジュース販売)
ビンゴ大会
おくたま海沢ふれあい農園(奥多摩クラインガルテン)
0428-85-8685(東京都)
http://business4.plala.or.jp/taki3/



里地里山フェスティバル(入園無料)    

satochisatoyama


「都心に程近いのに樹木や草花、鳥や虫などたくさんのいきものの息吹あふれる野鳥公園。」
11月23日(土)10:00~15:00
みなさんもこの機会に自然を身近に感じてみませんか?
東京港野鳥公園(東京都)
0428-85-8685
http://business4.plala.or.jp/taki3/


山のふるさと村 秋祭り     (11月7日(土)8日(日))

秋まつり151007


「今年は奥多摩の珍しいもの大集合! 伝統芸能の上演もあります!」
11月7日(土)8日(日)
お楽しみ抽選会
秋まつり特別プレゼント
伝統食イベント
奥多摩地域の物産展
伝統芸能上演
無料 送迎バス「やませみ号」
奥多摩駅発10時00分
山のふるさと村発14:20 15:40
都立 山のふるさと村(東京都立奥多摩湖畔公園)
 http://www.yamafuru.com/


オーダー(予約制)イベント
     奥多摩クラインガルテン
          (奥多摩の食文化体験)

  「わさび収穫とわさび丼体験」

参加費 おひとり1,800円 予約制10人以上で希望日予約 11月末ごろまで
本わさび1本お持ち帰り付と奥多摩わさび料理本プレゼント

okutamakgWasabi
見学はいつでも歓迎です、案内が必要な方は事前にご連絡ください。(月曜定休)
奥多摩クラインガルテン(おくたま海沢ふれあい農園)
0428-85-8685
http://business4.plala.or.jp/taki3/

ひんやり涼しい奥多摩の魚釣り          (奥多摩の食文化体験)

wasabisyuukakutaiken


「ひんやり涼しい奥多摩の魚釣り
       (奥多摩の食文化体験)蕎麦打ち、陶芸又は木工体験」

8月20日(木)~21日(金)
参加費 9,000円 宿泊は山のふるさと村                       ケビン(ログハウス)
8日昼のお弁当は持参してください。
8日夕食、9日朝食は山ふるレストランで
9日昼食はそば打ち体験で打った蕎麦を食べます。
午後は陶芸か木工体験
奥多摩のきれいな川で育ったヤマメ・マスは刺身も塩焼きも最高です。
集合8日10時10分 奥多摩駅
解散9日15時 奥多摩駅
申込 山のふるさと村 0428-86-2556
都立 山のふるさと村(東京都立奥多摩湖畔公園)
 http://www.yamafuru.com/


初夏の自然散策 ~大加沢林道を歩いてみよう!~

ohsawakarindo


6月20日(土)
奥多摩ビジターセンター
【集 合】 6/20 午前9時30分 奥多摩ビジターセンター
【解 散】 6/20 午後4時00分 白丸駅前
【参加費】 50円 6/5申込必着
【対 象】 一般(小学生は保護者同伴)
【定 員】 未定名(応募者多数の際は抽選)
申し込み方法 6月 5日 申込必着
(1) 奥多摩ビジターセンターホームページからのお申し込み。
下記 URL の申込フォームからお申し込みください。
     http://www.okutama-vc.com/ イベント /
(2) Fax でのお申し込み。
  ①イベント名 ②代表者の FAX 番号
    参加ご希望の方全員の  ③氏名 ④氏名 ( かな ) ⑤性別 ⑥年齢 ⑦郵便番号・住所 ⑧当日連絡先電話番号
をご記入の上、Fax 番号 (0428-83-3478) にご送信ください。
 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
 http://www.okutama-vc.com/イベント/

知る・見る・食べる 清流のワサビ田とジャガイモ掘り体験

wasabisyuukaku


7月11日(土)
詳しくは未定

奥多摩ビジターセンター
【集 合】 7/11 午前9時30分 奥多摩ビジターセンター
【解 散】 7/11 午後3時00分 白丸駅前
【参加費】 2,000円 6月26日申込必着
【対 象】 一般(小学生は保護者同伴)
【定 員】 20名(応募者多数の際は抽選)
申し込み方法 6月26日 申込必着
(1) 奥多摩ビジターセンターホームページからのお申し込み。
下記 URL の申込フォームからお申し込みください。
     http://www.okutama-vc.com/ イベント /
(2) Fax でのお申し込み。
  ①イベント名 ②代表者の FAX 番号
    参加ご希望の方全員の  ③氏名 ④氏名 ( かな ) ⑤性別 ⑥年齢 ⑦郵便番号・住所 ⑧当日連絡先電話番号
をご記入の上、Fax 番号 (0428-83-3478) にご送信ください。
 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
 http://www.okutama-vc.com/イベント/

奥多摩ワサビの収穫体験(奥多摩の食文化体験)

wasabisyuukakutaiken


「奥多摩ワサビの収穫体験 (奥多摩の食文化体験)蕎麦打ち、陶芸体験」
5月8日(金)~9日(土)
参加費 格安7,000円 宿泊は山のふるさと村                       ケビン(ログハウス)
8日昼のお弁当は持参してください。
8日夕食、9日朝食は山ふるレストランで
9日昼食はそば打ち体験で打った蕎麦を食べます。
午後は陶芸体験
収穫したワサビ、わさび漬、三杯酢をお土産でお持ち帰りいただきます。
集合8日10時 奥多摩駅
解散9日15時 奥多摩駅
申込 山のふるさと村 0428-86-2556
都立 山のふるさと村(東京都立奥多摩湖畔公園)
 http://www.yamafuru.com/


奥多摩登山塾「多摩川源流水干登山」

奥多摩登山塾


5月16日(土)~17日(日)
1 日目は奥多摩むかし道(距離約 9 キロ・高低差 204m)
2 日目は多摩川の源流「水干」(距離約 10 キロ・高低差 555m)を登山します。
奥多摩ビジターセンター
【集 合】 5/16 午前9時20分 奥多摩ビジターセンター
【解 散】 5/17 午後5時20分 奥多摩駅前
【参加費】 7,900円 5/1申込必着
【対 象】 一般(小学生は保護者同伴)
【定 員】 15名(応募者多数の際は抽選)
申し込み方法
(1) 奥多摩ビジターセンターホームページからのお申し込み。
下記 URL の申込フォームからお申し込みください。
     http://www.okutama-vc.com/ イベント /
(2) Fax でのお申し込み。
  ①イベント名 ②代表者の FAX 番号
    参加ご希望の方全員の  ③氏名 ④氏名 ( かな ) ⑤性別 ⑥年齢 ⑦郵便番号・住所 ⑧当日連絡先電話番号
をご記入の上、Fax 番号 (0428-83-3478) にご送信ください。
 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
 http://www.okutama-vc.com/イベント/

   山のふるさと村 「春まつり」2015

春まつり表


春まつり裏


4月18,19日(土、日)9:00~12:00
都立 山のふるさと村(東京都立奥多摩湖畔公園)
【無料送迎バス】
【奥多摩駅】 午前10時 発
【山のふるさと村】 14:20.15:40

①お楽しみ抽選会!
抽選に参加して奥多摩の特産物や
奥多摩で使える割引券を当てよう!
②春まつりプレゼント
園内の炭焼き窯で作った炭と木酢液を無料でお渡しします!
お部屋の消臭やおそうじにぜひ!
炭と木酢液の配布(18日、19日 両日13:30~)
③ビジターセンターの催し
インタープリター(自然解説員)が自然の見どころや
奥多摩地域の歴史を自然体験プログラムや展示でご紹介!
④クラフトセンターの催し
9:30~15:00 ※各教室とも材料費がかかります(500円くらい)
■木工教室 ■石細工教室 ■陶芸教室(14:30まで)
   ■森の工作舎(ドアプレート・木のバッジ作り)
■竹細工
⑤伝統芸能上演時間
雨天決行(雨除けシートを張り、上演)
■奥多摩清流太鼓(18日:10:50~/13:00~)
■奥多摩の歌(18日:10:20~/12:00~)
■原地区の獅子舞(18日:11:30~/13:40~)
 ※上演後は獅子舞と一緒に写真撮影ができます!
■奥多摩の踊り(19日:11:00~)
■鹿島踊り(19日:13:00~)
■大菩薩後光太鼓(19日:13:40~/14:30~)
⑥奥多摩地域の物産展
奥多摩のおいしい物や楽しい物が勢ぞろいします。
■川魚の塩焼き(ヤマメ・マス・イワナ)
■わさび漬け  ■手作りこんにゃく
■農産物の直売 など
⑦伝統食イベント
■だんご汁の配布(18 日)11:10 ~
奥多摩町の手作りすいとんをご賞味あれ!
■餅つき大会(19 日)11:30 ~
つきたてのお餅をその場で食べられます。

<<特別自然体験プログラム>>
◯特別クラフト   随時実施
 ※春まつり限定の特別クラフトです。
 
都立 山のふるさと村(東京都立奥多摩湖畔公園)
 http://www.yamafuru.com/


奥多摩悠悠さんぽ 「いにしえの文化に触ればふ」

奥多摩悠悠さんぽ


3月21日(土祝)9:00~12:00
奥多摩ビジターセンター
【集 合】 午前9時 奥多摩ビジターセンター
【解 散】 午後4時 奥多摩湖バス停
【参加費】 50円 3/6申込必着
【対 象】 一般(小学生は保護者同伴)
【定 員】 25名(応募者多数の際は抽選)
申し込み方法:往復ハガキにて下記の項目をご記入の上、奥多摩ビジターセンターまでご郵送ください。
①ご希望のイベント名
 参加ご希望の方全員の
 ②氏名 ③氏名(かな) ④年齢 ⑤住所 ⑥電話番号
 なお、1枚のハガキで3名様までとさせていただきます。
 宛先 奥多摩ビジターセンター
 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1
 電話番号:0428‐83‐2037
 http://www.okutama-vc.com/イベント/
 

奥多摩 山のふるさと村 冬祭り

山ふる冬祭り

都立山のふるさと村(都立奥多摩湖畔公園)

 山ふる 冬まつり
   2月1日(日)、8日(日)
*申込みなし。直接会場にお越しください
写真は昨年の「おっかど」というもの

 
無料送迎(奥多摩駅)10:00発
(山のふるさと村)14:20発、15:40発
炭と木酢液のプレゼント(先着順)
焼き芋(1,8日)だんご汁(1日)ずりだしうどん(8日)
木工教室、陶芸教室、石細工教室、森の工作舎のクラフト体験


山ふる冬祭り


 奥多摩おとくなイベント
    冬の蕎麦打ち、陶芸、

                         温泉日帰り体験

もえぎの湯
蕎麦打ち 陶芸教室

 都立 山のふるさと村
    =都立 奥多摩湖畔公園=

                      温泉は「もえぎの湯」

募集を締め切りました。あり がとうございました。


実 施 日:2015年1月23日(金)
応募対象:一般
募集定員:15名
参 加 費:大人1000円(蕎麦打ち、陶芸体験代、マイクロバス
など)
申込方法:往復はがきで奥多摩ビジターセンターまで
(氏名、年齢、性別、住所、電話番号明記)
締め切り:2015年1月4日(応募者多数抽選)
集  合:JR奥多摩駅 10時
解  散:JR奥多摩駅 16時30分頃
お申し込みをご希望の方は―

○官製はがき(申込み締切り日必着) または
FAX 0428-86-2316、または
Eメール  yamahuru@town.okutama.tokyo.jp
までお申し込み下さい。
締切り後、ご案内を通知いたします。
また、Eメールでお申込みの方はこちらのフォーマットをご利用下
さい。
お申し込みの際は往信はがきに下記事項をご記入下さい。

1.「行事名(**月行事)」
2.全員の郵便番号・住所
3.氏名
4.年齢
5.性別
6.電話番号



「主催行事の」お問合せ・お申込みは ..

〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740

山 のふるさと村クラフトセンター

「行事名(**月行事)」係

E-mail:yamahuru@town.okutama.tokyo.jp


Tel: 0428-86-2551

fax:0428-86-2316

特選 首都圏イベント情報

  晩秋のむかし道―
   もみじ渡る

募集を締め切りました。ありがとうございま した。

              奥多摩湖畔自然観察会

我が グリーンネットワーク 奥多摩何でも探偵団 団長のちょうきゅうさんからです。

むかし道

 奥多摩vc自然教室ボランティア会
=奥多摩ビジターセンター自然教室

  晩秋のむかし道―
     もみじ渡る奥多摩湖畔自然観察会


実 施 日:2014年11月26日(水)
前日、19時の電話177天気予報で、当日の9.00~ 18.00降水確率60%以上の場合は中止
応募対象:一般(小学3年生以上小学生保護者同伴)
募集定員:30名
参 加 費:大人1000円小学生500円(資料代、バス代など)
申込方法:往復はがきで奥多摩ビジターセンターまで
(氏名、年齢、性別、住所、電話番号明記)
締め切り:2014年11月10日(応募者多数抽選)
服  装:ハイキングに適した服装と靴、帽子
持  物:昼食、飲み物、雨具、防寒具、筆記具、
(あれば、地図、ルーペ、双眼鏡など)
集  合:奥多摩ビジターセンター、9時20分
解  散:JR奥多摩駅 15時31分頃

[申込み問合せ先] 奥多摩町氷川171
東京都奥多摩ビジターセンター
電話:0428-83-2037

倉渕 クラインガルテン 

                     第23回収穫祭

収穫祭

倉渕 クラインガルテン 第23回収穫祭

11月2日(日)10:30から受付 締切10月27日(月)
今年初めてどなたでも参加できるようになりました。
飲み食べ放題 バーベキュー・ビンゴゲーム・露天風呂入浴 等々 
参加費(小学生以上)500円 
倉渕 クラインガルテンは日本で初期の クラインガルテンで天然源泉の露天風呂の相間川温泉や長期滞在ができるログハウスや旅館部を持ち日帰り農園もあります。
高崎駅10:20(別便10:30)発~室田経由~相間川温泉(倉渕 クラインガルテン内)11:44着
問合せ 相間川温泉(倉渕 クラインガルテン)
電話 027-378-3834 FAX. 027-378-3874
 住所 群馬県高崎市倉渕町水沼27
 URL http://www12.ocn.ne.jp/

~aimagawa/

倉渕クラインガルテン

露天風呂

クラインガルテンとは

http://greenjp.org/kgjp.html
発祥の地はドイツ
クラインガルテン(KleinGarten)とは、ドイツ語で『小さな庭』 という意味をもっています。 もともとはドイツにおいて1864年に作られ、 ドイツ各地に広まりました。
その原点は産業革命の中で農民たちの中層アパートでの半強制的な工場労働者の暮らしなどで 治安は悪化し社会は疲弊していきました。
シュレーバー博士は子供たちが安全に遊べる場所『小さな庭』 作りから家族の絆の原点としての 市民農園運動を展開し、工場の乱立での立退きや環境の悪化した工場地帯から離れ、 ラウベという簡易宿泊施設を持った滞在型市民農園運動に発展していきました。
自然ふれあい運動を含めた、これがクラインガルテン運動です。
その後1919年に利用者の権利を保護する 法律が定められ、ドイツの国の制度の中に 取り入れられ、世界各地に広まっていきました。
1970年代に始まったグリーンツーリズム(「常住地域から離れた農村地域(都市化された海浜 とスキーリゾートを除く)での余暇活動を追及する人々の現象」)などにも多大の影響を与えました。

日本では平成4年(1992)くらいから日本最初の 倉渕村クラ インガルテン(現在、群馬県高崎市倉渕町)や坊主山クラインガルテン (現在、長野県松本市四賀地区)が農水省主導ででき、 以来、全国の自治体で主に宿泊施設付きの滞在型市民農園と定義され、 温泉施設やスポーツ施設を併設されるところも 多く、自然回帰運動の拠点になっています。
ちなみにグリーンツーリズム(1970年代に欧州で はじまった「常住地域から離れた農村地域(都市化された海浜とスキーリゾートを除く)での余暇活動を追及する人々の現象」) も同年から農水 省主導で、エコツーリズムが環境省主導で展開はじめています。
家族の原点のつながりや、 子ども孫達への豊かな自然教育の場や、自然との共生、老後の生き甲斐等を担う、大きな役割 を果たしています。

クラインガルテン運動支援機構 http://kleingartenjp.com/
FAX:020-4665-1307

event*kgjp.org(*を@に変えてください)


 「環境活動フ ェ ス 2014」       workshop竹風車秋桜      ~中央区立環境情報センター

環境活動団体紹介展と竹細工ワークショップ

9月27日(土)~10月5日(日)9:00~21:00

竹細工ワークショップは9月27日(土)13:00~15:00 

 最終日は15:00終了 
中央区立環境情報センター

(京橋交差点角 東京スクエアガーデン6階 )
入場自由 参加費無料(ワークショップも)
アクセス:銀座線京橋駅3番出口直結
竹細工ワークショップは竹風車秋桜です。

 
非営利グリーンネットワーク・東京中央
  fax:020-4665-1307
  event*kgjp.org(*を@に)
  http://greenjp.org/newevent.html


竹風車秋桜


環境活動フェス2014


環境活動フェス2014


  第14回 「 が ん ば っ ぺ 」     ~ 東京中央区・佃シニアサロン

東北被災避難者とボランティアが交流する出会いの場

9月13日(土)11:00~15:30 
月島社会教育会館(月島区民センター内)4F
参加費300円
第14回がんばっぺは、もんじゃ焼に加え焼きそばにも挑戦します。
心療内科医・小美濃萬里子先生による仮題「心の病・あれこれ」 も開催します。
中央区内の被災避難者を支援するシニアの会
TEL/FAX 03-5534-8631(代表 皆川)
http://ameblo.jp/

tsukuda-to-scandinavia/
後援:中央区、中央区社会福祉協議会
協賛:ブルドッグソース㈱、カルビー㈱

 
非営利グリーンネットワーク・ジャパン
  fax:020-4665-1307
  event*kgjp.org(*を@に)
  http://greenjp.org/

  newevent.html


がんばっぺ1409131


がんばっぺ1409132


 都 立 山 の ふ る さ と 村     奥多摩の食文化体験イベン ト

ヤマメ・マス釣り体験と

 手打ちそば打ちと 陶芸(木工等)体験  参加費:一泊三食9,000円

募集を締め切りました。あり がとうございました。

 宿泊は村内ケビン(ログハウス)棟   定員20名 
集合:8月21日(木)JR奥多摩駅10:00
解散:8月22日(金)JR奥多摩駅15:00頃
奥多摩峰谷川渓流釣り場で魚釣り体験をしてみませんか。 奥多摩のきれいな川で育ったヤマメ・マスは、刺身も塩焼きも美味しいです。
釣った魚をお土産でお持ち帰りいただきます。またクラフト体験の作品を当日お持ち帰り及び後日郵送(着払い)いたします。
翌日は手打ち蕎麦打ちと陶芸他クラフト体験。初日の昼食持参
都立山のふるさと村(都立 奥多摩湖畔公園)
TEL0428-86-2556 FAX 0428-86-2553

http://www.yamafuru.com/
top_event_higaeri.html
yamahuru@town.okutama.tokyo.jp

非営利グリーンネットワーク・ジャパン
  fax:020-4665-1307
  event*kgjp.org(*を@に)
  http://greenjp.org/

  newevent.html


奥多摩の食文化体験イベント


       都 立 山 の ふ る さ と 村              奥  奥 多 摩 の 食 文 化 体 験 イ ベ ン ト

じゃがいも「治助」収穫と手打ちそば打ちと陶芸体験     参加費:一泊三食6,000円

7月19日(土)~7月20日(日)
 宿泊は村内ケビン(ログハウス)棟   定員20名 
集合:7月19日(土)JR奥多摩駅10:00
解散:7月20日(日)JR奥多摩駅15:00
奥多摩の山里でジャガイモ収穫体験をしてみませんか。
むかしから作っている「治助」は煮崩れしにくくおいしいじゃがいもです。
収穫後「治助」の料理体験とお土産付き
翌日は手打ち蕎麦打ちと陶芸体験。初日の昼食持参
都立山のふるさと村(都立 奥多摩湖畔公園)
TEL:0428-86-2551 FAX:0428-86-2316

http://www.yamafuru.com/
top_event_higaeri.html

非営利グリーンネットワーク・ジャパン
  fax:020-4665-1307
  event*kgjp.org(*を@に)
  http://greenjp.org/

  newevent.html


やまふる食文化体験


7月21日(月祝)10:00~16:00          天然蜜蝋クリーム教室と奥多摩映画祭     
                        参加費2,300円昼食代込

  古 き 良 き 思 い 出 の 映 画
   「ロ ー マ の 休 日」
  自然エネルギー社会を子供たちに!
    「シ ェ ー ナ ウ の 想 い」
   人と人・人と自然が共に生きるために

   純 粋 蜜 蝋 と ホ ホ バ オ イ ル

     「天然蜜蝋クリーム教室」
 おくたま海沢ふれあい農園 0428-85-8685
     (奥多摩クラインガルテン)
 非営利クラインガルテン運動支援機構
  http://greenjp.org/newevent.html

シェーナウ映画蜜蝋


takezaiku140622


kankyoukouza1406181


kankyoukouza1406182


takezaiku140420


takezaiku140420

takezaiku140420



「体験農園 利用者募集 イベント豊富           奥多摩クラインガルテン」

http://business4.plala.or.jp/taki3/
おくたま海沢ふれ あい農園 (奥多摩クラインガルテン)

http://business4.plala.or.jp/taki3/

new.pdf/
農園 イベント

http://greenjp.org/kgjp.html/
クラインガルテンとは  (クラインガルテン運動支援機構)

どなたでも参加できるイベントを、毎月企画しています。

団体(10名以上)での体験も(希望日・希望内容に合わせたオーダーメイド)受付ております。

(おくたま海沢ふれあい農園)0428-85-8685

1月26日(日)9:30~16:00

午前中 ロケットストーブの製作実演

午後 初級・中級・上級 竹細工体験教室

  おくたま海沢ふれあい農園
     (奥多摩クラインガルテン)

okutanaevent140126

自然体験イベント特選


奥多摩 自然体験イベント拠点(東京都)

「援農企画 奥多摩クラインガルテン」

nouenevent

援農企画では、農園の畑仕事を手伝っていただきながら、
農作業を体験していただいています。
親戚の畑を手伝っていただくような感じで、
参加していただけると幸いです。
そんな田舎の休日をお楽しみください。
奥多摩クラインガ ルテ ン
(おくたま海沢ふれあい農園)

0428-85-8685

奥多摩 都立 山のふるさと村 

yamafurukamado


yamahuru

東京都立奥多摩湖畔公園

都民から『山ふる』の愛称で親しまれている山のふるさと村は、
秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設です。
奥多摩の豊かな自然をふれあいを深めることを目的に1990年にオープンしました。 奥多摩湖に面した山のふるさと村は、沢に沿って巨大な34haの面積を有しています。 ビジターセンター、クラフトセンター、キャンプ場、レストランの4施設が整備され、自然散策を楽しむトレイルも設置されています。
国立公園内の情報提供、自然体験の他、木工や石細工、陶芸などの工作の体験、ご宿泊など、来訪者の希望に合わせてさまざまな体験が楽しめます。

キャンプ1泊200円/人 貸しテント別
ログケビン1泊2万円/4人用 4万円/8人用
そば打ち、陶芸、石細工体験 各500円、木工300円~

都立 山のふるさ と村 0428-86-2551


自然観察の森  (首都圏) 


「横 浜自 然観察の森(神奈川県)」 

横浜自然観察の森は、横浜市の南端、鎌倉市との境にあります。 周囲の市民の森と一体となって市内最大の緑地を形作り、 港南台、金沢文庫、鎌倉にかけてのハイキングコースがあります。  起伏のある丘陵地で、雑木林、草地・広場、池、湿地、源流があり、 散策しながら自然観察を楽しむことができます。 近くには横浜市最高峰・大丸山(おおまるやま)もあります。 拠点の自然観察センターでは、生きものを紹介する展示や、 自然を楽しむイベントを実施しています

「横 浜自然観察の森 (神奈川県)」TEL 045-894-7474


「牛久自然観察の森(茨城県)」 

牛久自然観察の森では、原生の大自然ではなく、昔から生活の身近にあった里山の自然を対象に、 それぞれの地域に残されている自然環境をより良いかたちで保全し、多様な生物が生息できるような環境づくりの管理をしています。 そして、この身近な自然環境を、自然観察を通じた様々な体験学習のフィールドとして活用していくために、 ネイチャーセンター等の観察施設を整備し、自然解説活動を行うレンジャー(自然観察指導員)を配置し様々な教育普及活動を行っています。 森林浴ができ、ネイチャーセンターや、小さな池や、民家風の観察舎があったりして、のんびりできます。カエルやヘビもいて、自然を丸ごと楽しめます
牛久自然観察の森(写真集)

牛久自然観察の森(茨城県) 029-874-6600


「桐生自然観察の森(群馬県)」

吾妻山の麓にあり、おもにクヌギやコナラの雑木林と、スギ・ヒノキの植林地で、 いろいろな植物や昆虫・野鳥などが住んでいて、四季折々観察することができます。 園内には、展示コーナーやレクチャー室のあるネイチャーセンターや野鳥観察のための観察舎が整備されています。 近くにある、吾妻山と鳴神山を結ぶハイキングコースと関東ふれあいの道でつながっています。 園内の林は、主にクヌギやコナラなどの雑木林と、スギやヒノキの植林地で、いわゆる里山といわれる環境です。 また、観察のための園路が巡り、池や湿地もあることから四季通して昆虫や鳥などの動物や植物の、生き生きとした姿に出会うことができます。


桐生自然観察の森(群馬県)0277-65-6901


館山野鳥の森 千葉県

「千葉県立 館山 野鳥の森」

館山野鳥の森は、房総半島の最南端・南房総国定公園のほぼ中央にある22.4hの常緑広葉樹の森で 林野庁の「日本森林浴の森100選」に指定されている自然豊かな緑濃い森です。 館山野鳥の森では、夏にはサシバやホトトギス、冬にはツグミやノスリなどの渡り鳥を観察できるほか、 年間を通して野鳥に出会うことができます。また、展望台からは平砂浦海岸を眼下に眺め、 時には富士山や天城山・伊豆大島を望むことができます。ふれあい野鳥館では、 森の中の野鳥や植物を自然に近い状態で観られるジオラマや、 野鳥情報コーナーなどで、散策に出かける前の学習や、観察後の復習に役立つ情報を提供し、 千葉県南部の自然を自ら学習することができます。

千葉県立館山野鳥の森0470-28-0166


首都圏クラインガルテン

首都圏 自然体験イベント拠点

東京港野鳥公園(東京都)

「東京湾埋立地によみがえった自然 東京港野鳥公園」 バードウォッチングの名所、野鳥観察のほか、水辺の生物、 カニをはじめとする干潟や磯場の生物の観察にも適した場所となっています。

東京港野鳥公園 03-3799-5031